フェチシズムをくすぐる風俗

ギャルというエキス

ギャル。それは自分にとって手の届かない存在と言うか、雲のような存在なんですよ。それまで大人しく生きていた自分にとって、ギャルの知り合いなんていません。それだけに、憧れのようなものがあるんですよね。一度で良いので遊んでみたい。もっと喋ってみたい…この気持ちを叶えてくれたのが風俗でした。ギャルという存在を思う存分味わってきたので、ギャルのエキスを思う存分体内に含めることが出来たんじゃないのかなって思いますね。だからか、何となくですけど風俗でギャルと遊んだ後、自分の心まで軽くなったというか、大げさに言うなら若くなったような気がするんですよね(笑)快感だけではなく、若さまで自分の中に取り込むことが出来るようになったというだけでも、ギャルと遊んだ回はあったんじゃないのかなって思っていますし、これからも時々で良いのでギャルと遊んでその「エキス」を自分の体内にしっかりと取り込むことが求められるのかなって。

波風はあるでしょうね

彼女のようなタイプの風俗嬢は波風というか、好みが分かれるだろうなとは思います。自分は大好きなんですけどね(笑)なぜなら彼女、そんなに愛想が良い訳じゃないんです。きっとそこで「もういいや」「今日は失敗だ」みたいに思ってしまう人もいると思うんです。人間第一印象が大切だし、そもそも風俗だってサービス業でもあるので、なんでお客のこっちがそこまで譲歩して気を使わなければならないんだって思う人がいても決して責められません。でも自分はそんなに気にしないというか、愛想が悪いながらにも喋るんです(笑)すると、次第に笑顔が増えていったんですよ。そして、結構頑張ってくれました。愛想が悪いんじゃなくて、単純に人見知りなんでしょうね。そこでこっちも拒絶反応を示しちゃうと、彼女としても取り付く島がなくなるんでしょう。でも自分は気にせずに話しかけていたからこそ、彼女の人見知りの奥にある、素顔を満喫出来たんじゃいかなって。