フェチシズムをくすぐる風俗

モチベーションはどこにあるのか?

風俗のモチベーションって本当に不思議なもので、どうすれば高まるのかや、なんで低くなるのか自分でもよく分からないんですよ(苦笑)これは風俗だけじゃなく、仕事などすべてのモチベーションでも同様のことが言えるのかもしれないんですけど、ポータルサイトを見ていてもあまりモチベーションが上がらないケースもあれば、街を歩いていて少し美人な女性とすれ違って急に性欲が急上昇する時もあるんですよね。こればかりは自分でもどうなるのかよく分からない部分があるんですけど、風俗って自分自身、もっともっと積極的に楽しみたいって思いもあるのでモチベーションが高くなった時には迷わずに楽しむよう心掛けています。そこで楽しまないでいつ楽しむのか。自分にそう言い聞かせて楽しむことも珍しくないんですけど、決して無理をしている訳ではないですし、やっぱり単純に女の子を目の前にすれば自然とモチベーションも高まって行くので大した問題ではないのかもしれません(笑)

皮でも楽しめましたからね

風俗嬢って慣れていますよね。それは男にって言うか、あらゆるシチュエーションに慣れていると思うんです。回りくどく言っても仕方ないので単刀直入に言いますが、自分は仮性包茎なんです。日常生活の中で不便だなとか困るなってことはそうそうないんですけど、風俗に行くとやっぱり恥ずかしさがあるんですよね(苦笑)この年齢で包茎手術をするのもな…とかいろいろと考えますけど、でも風俗では仮性包茎でも特に問題ないというか、ちゃんとそれ用のプレイをしてくれているんですかね(笑)皮を優しく剥いてくれるし、そこから刺激をもたらしてくるし。ここでポイントなのは、特定の誰かだけって話じゃないです。誰もが優しくしてくれるって部分ですよね。つまり、風俗は仮性包茎でも十分に楽しめるってことが言えるんじゃないですかね。変なことを気にすることなく、相手が対処してくれるとあってこちらとしては何も心配することなく、自分をさらけ出すことが出来ますよね。